「いらっしゃいませ」は「May I help you?」で本当によいのか?

今月研修開催を予定しているある商業施設様から、研修の際に配布したいとのことで店頭で使えるフレーズ翻訳のご依頼をいただきました。日本語の中に「いらっしゃいませ」とあったのですが、はたしてそれはあちこちの本で書かれている May I help you?やHow may I help you? と訳してしまってもいいのか・・・こちらはネイティブのコメントです↓

There is no translation for いらっしゃいませ. If the shop staff are saying it to a customer walking in to the shop, “Hello!” or “Hi!” is enough. Saying “How may I help you?” in this case would be weird and pushy.

やはりいきなりMay I help you? や How may I help you ? はちょっとおかしな感じ、押しつけがましい印象があるようですね。

まずは笑顔で「いらっしゃいませ」。日本語でいいんですね。もしかしたら英語ネイティブじゃないかもしれませんし。その後に何か助けが必要ならお客さまから言ってくるでしょうし、こちらが様子を察して、どうも日本語側から成そうって思った場合に How may I help you? と声がけしてみるのがいいかもしれません。

単に言葉だけを覚えるなら本や英会話教室でOKです。当協会の研修ではそのあたりの微妙なニュアンスもお伝えしています。